商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2017/12/19(2224号)主なヘッドライン
16年開業主要商業施設の1年目動向
新宿、銀座は伸び悩む

 日本ショッピングセンター協会によると、2016年にオープンしたSCの総数は54。銀座、新宿のほか博多、名古屋など日本有数の商業エリアに新施設が誕生した。それぞれ開業から1年以上経過したが、ハイセンスなブランドを集積した都心型施設は苦戦が目立つ。すでに各施設は修正、立て直しに動き出しており、軌道に乗りつつある施設も出てきた。16年に開業した施設の1年目の動向、そして現在を追った。
 16年組で、特に話題になったのは東京都心に開業した「NEWoMan」と「東急プラザ銀座」だろう。NEWoManは(株)ルミネの新ブランドで、新宿駅直結、ハイセンスなMDなど話題が盛りだくさんだった。初年度の動向としては食系テナントが好調で、フードホールなど飲食店が特に支持された。
 しかし全体として認知・浸透に時間がかかった店もあり、年間売上高は200億円を目標にしていたが、「7割程度の結果だった」(ルミネ広報)としている。
 「東急プラザ銀座」も滑り出しは苦戦気味だった。銀座という立地柄、ハイブランドを集積。空港型免税店などにより団体訪日客を囲い込む構想だった。しかし、個人で訪れる旅行者が増加。全体として雑貨や飲食は好調だったものの、アパレルの動きが弱かった。

(以下、本紙2017年12月19日号1面)



関東/中部
JR東日本都市開発、シャポー船橋II期リニューアル、18年2月に開業
近畿/中国
下関商業開発、シーモールを大改装
九州/四国
三菱地所、MARK IS 福岡ももち、足元・広域対応のMDに
アジア/海外
イオンモール南通星湖、浙江省に新店を開業
小売業界動向
バローHD 17年度下期、新店27店を計画
街づくり/都市開発
横浜駅きた西口鶴屋地区再開発、本組合設立が認可
ホテル&サービス
星野リゾート、新ブランド「OMO」、18年春から展開開始
店舗・施設関連
エネチェンジ、SMAP収益性分析、電力データ解析技術外販
外食産業動向
バルニバービ、JR土浦駅ビルに来秋出店



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.245
東神開発(株) 流山おおたかの森S・C営業本部流山 事業部長 長塚裕司氏
駅激戦区 人×商業 No.151
静岡駅
NY&PDXツアー2017 視察記 No.2
NYの商業施設




開店フラッシュmini
ブルーボトルコーヒー 三軒茶屋カフェ
サイト内検索