商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2018/2/13(2231号)主なヘッドライン
京都 空前のホテル計画
 

大型改装を計画する「ホテルグランヴィア京都」
クリックして拡大
 古都京都でホテルの新設・改装件数が急増している。京都駅や河原町・烏丸などの市内中心部に加え、その周辺、さらには府内全域にわたり、ホテルの新設計画が浮上。京都初出店はもちろんのこと、旗艦店や新業態店など、計画はバリエーションに富む。既存のホテルも、過去に例を見ない高稼働が続いており、大型改装や増床に踏み切る考えだ。京都では、今まさに空前のホテル計画旋風が巻き起こりつつある。

■20年に1.3兆円目標
 京都市が2016年10月に策定した京都市宿泊施設拡充・誘致方針では、20年に市内全体で約4万室分の宿泊施設が必要になるとした。15年時点の客室数は約3万室であることから、宿泊施設不足は当面続くとみられる。また、同市は14年に京都観光振興計画2020を策定したが、同計画の目標値である外国人宿泊客数300万人と観光消費額1兆円は、16年にいずれも前倒しで達成。そのため、観光消費額は20年に1兆3000億円まで増やす方針を明らかにしている。
 このような高い目標設定と、それを裏打ちする結果を基に、京都市では宿泊税の導入を決定。早ければ10月ごろに施行される予定だ。

(以下、本紙2018年2月13日号1面)



関東/中部
小田急百貨店、藤沢店を専門店型に刷新
近畿/中国
JR西日本山陰開発、シャミネ松江、山陰初など21店刷新
九州/四国
九州産交ランドマーク、熊本都市計画桜町再開発、シネコンとSM決定
アジア/海外
イオンモール常熟新区、中国・江蘇省に新店
小売業界動向
神戸物産、中期経営計画、売上高を上方修正
街づくり/都市開発
東高島駅北土地区画整理、超高層住宅3棟を建設
ホテル&サービス
野村不動産ライフ&スポーツ、子ども向け新事業開始
東武ホテルマネジメント、川越市でホテル運営
ロジスティックス
ロジポート川崎ベイ、30万m²の大型物流を着工
店舗・施設関連
サイブリッジグループ、オープン型宅配ボックス「ERYBOX」、
都内中心に1000台無償設置
外食産業動向
カフェ・カンパニー、フタバフルーツパーラー、新業態を3店出店



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.252
三菱地所(株) 商業施設開発部専任部長 浜屋省吾氏
駅激戦区 人×商業 No.157
下北沢II



開店フラッシュmini
らくティブ宮前
サイト内検索