商業施設新聞
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2018/2/27(2233号)主なヘッドライン
ハンバーガー、出店拡大機運
 

10年ぶりに店舗が純増するマクドナルド
クリックして拡大
 ハンバーガー各社が出店拡大の機運にある。牽引しているのは、業界最大手、日本マクドナルド。2017年度決算で過去最高益を達成し、業績が急回復していることが要因だ。また、フレッシュネス、ファーストキッチン、バーガーキング、ドムドムバーガーも積極出店を行う方針。米国高級バーガー勢も着実に店舗網を増やしている。だが、2位のモスフードサービスは、オーナー高齢化などで出店が滞り、足踏みが続く。ハンバーガー業界の出店動向を追った。

■王者10年ぶりの純増、モスはオーナー高齢化で店舗減続く
 「新たなステージに向け着実に前進しており、今後の継続的な成長を確信している」と自信満々に語るのは日本マクドナルドHDのサラ・カサノバ社長だ。17年度決算で純利益が過去最高の240億円、既存店売上高も1月に26カ月連続増を達成していることからすれば当然ともいえる。
 同社は14年から15年にかけて、期限切れ鶏肉問題、異物混入問題などで一気に顧客離れが進み、15年度決算は350億円規模の赤字で苦境に陥っていた。翌年からは顧客の信用を回復すべく、品質管理の徹底、積極的な商品投入、店舗改装などのビジネスリカバリープランを推進し、これが奏功した。18年度からの3年間は成長期と捉え、3カ年で150~200店を出店する方針。100店規模の閉店を見込むものの、これまで戦略的閉店を含め続いていた減少は止まり、10年ぶりの純増となる見通しだ。

(以下、本紙2018年2月27日号1面)



関東/中部
相鉄グループ、JOINUS TERRACE二俣川、テナント90店が決定
北海道/東北
鹿島SC エブリア、GU、ツルハ棟建設
近畿/中国
JR西日本SC開発、ルクア大阪リニューアル、17店が新規出店
九州/四国
JR大分シティ、アミュプラザおおいた、3月2日改装オープン
小売業界動向
アクシアル リテイリング、17~19年度で15店出店
街づくり/都市開発
西日暮里駅前再開発、18年度に都計決定
ホテル&サービス
コナミスポーツ、「エグザス」を拡大
小田急電鉄、HOTEL CLAD/木の花の湯、御殿場市に19年度冬開業
店舗・施設関連
ビジコム、あっとパスポート、ホテル向けなどに発売
外食産業動向
愛知道路コンセッションら、PAの飲食店8月増床



【連載】
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり No.254
JR西日本SC開発(株) 代表取締役社長 山口正人氏
跡地開発 ~商業が創る賑わい~ No.2
工場編



開店フラッシュmini
変なホテル東京 銀座
変なカフェ
インタビュー
経営者の目線 外食インタビュー
葉山コーヒー(株) 代表取締役 前野守杜氏
サイト内検索