電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
シェア
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/1/11(2278号)主なヘッドライン
電子デバイス天気予報、新市場台頭で視界良好
AI、車載などが需要喚起、スマホ依存からの脱却不可欠に

 半導体を筆頭に、総じて市場が好調に推移した2017年のエレクトロニクス業界。AI/ディープラーニング、車載など新市場が立ち上がったことで、18年の電子デバイス市場も視界は良好といえそうだ。一方で、足元ではアップル新機種の生産調整、さらには中国スマートフォン(スマホ)も回復の兆しを見せておらず、スマホへの依存度が高い分野は低迷しているところが目立つ。スマホ依存からの脱却が不可欠な状況となるなか、18年の電子デバイス業界を展望する。

 本格的に立ち上がった印象のあるデータセンターをはじめとするクラウド関連需要。グーグルやアマゾンをはじめとする大手ITベンダーがデータセンターを相次いで建設するなか、センター内のサーバーには、プロセッサーやメモリーなどが多く搭載されており、需要拡大を牽引する。プロセッサーではMPUのほか、アクセラレーターとしての役割を担うGPUなどのディープラーニング用プロセッサーの採用が増えており、メモリーでは大容量帯の3D-NAND、DRAMが消費されている。
 また、ビットコインをはじめとする仮想通貨の採掘(マイニング)も新たな半導体需要として見逃せない。マイニングには大規模な演算が必要となるため、先端プロセスに対する需要は予想以上に強い。ファンドリー大手のTSMCでもHPC(高性能コンピューティング)部門の売り上げ拡大が著しく、この牽引役の1つとしてマイニング市場を挙げている。

(以下、本紙2018年1月11日号1面)



◇ NXPと百度、自動運転分野で提携、アポロPFに参加
◇ トヨタ、電動車の普及にチャレンジ、30年に550万台以上販売へ
◇ デンソー、米ベンチャーを買収、スマートキー技術を強化
◇ 5G通信システム、18年から取り組み本格化、20年のサービス開始見据え
◇ ダイヤモンド活用のGaN-HEMT、富士通らが開発、常温接合で高出力化実現
◇ マゼランシステムズジャパン、準天頂衛星測位用受信機、18年に商品化へ
◇ SKハイニックス、無錫に200mm新工場、中国企業と合弁で20年稼働
◇ NVIDIAとコマツ、建設現場にAI導入、安全・生産性を向上
◇ 士蘭微電子、厦門に300mm工場計画、6インチ化合物も検討
◇ SCREENホールディングス、ネプコンで共同提案、FOPLPソリューション
◇ イチネンジコー、ボンダー用ヒーター、16mm角タイプを開発
◇ オルボテック、17年は10%増収に、先端DI、検査機が伸長
◇ BOE、合肥10.5G工場を稼働、19年末に月産12万枚へ
◇ ユニチカ、新PIワニスを開発、フレキ有機EL用に拡販
◇ JSTと田中貴金属、微細配線センサーフィルム、全工程R2Rで印刷
◇ LiB主要メーカー 7~9月期、軒並み増収増益に、車載の需要増で堅調
◇ インリー、7~9月は大幅赤字、減損損失で赤字幅拡大
◇ セブン-イレブン、路面型PVを採用 電力自家消費推進
◇ エア・ウォーター、堺の機器工場竣工、拠点統合で競争力強化
◇ 日放電子、大気圧プラズマ処理装置、非真空下で局所照射
◇ アドバンテスト、開発・評価用のハンドラー開発
◇ 関東化学、75億円投じ台湾増強、生産子会社に新工場棟
◇ 中国初の200mm対応メタルエッチャー、ノーラが開発、
  中古装置不足に対応
◇ アドバンテスト、SJセミコンから新規受注を獲得
◇ ispace、100億円超の出資獲得、月面ビジネス実現へ
◇ NTT-ATとアイ・ロボ、ドローン共同研究 捜索支援へ実証
◇ テルモ、テルモ山口に新棟 カテーテルを増産
◇ 日立製作所、三菱の粒子線事業 18年4月に取得へ
◇ ミツバ、車載モーターを拡販、インド市場を重点強化
◇ 18年の電子部品メーカー、新拠点が続々竣工、車載でさらなる増強も
◇ テイカ、米企業を子会社化、圧電材料事業を拡大へ
サイト内検索