電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
シェア
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/3/1(2285号)主なヘッドライン
2.5Dパッケージ、AI・DL用途で急成長
異業種入り乱れ競争激化、2.1Dは細線化に課題残す

2.5D/2.1Dパッケージ開発が激化
クリックして拡大
 シリコン(Si)インターポーザーなどを使った2.5Dパッケージ分野が大きな成長を遂げそうだ。AIやディープラーニング(DL)用途でロジックとメモリーをパッケージレベルで集積化したヘテロジニアスコンピューティングに対するニーズが強くなっており、データセンター分野を中心に市場拡大が期待される。加えて、現在は市場黎明期ということもあり、各社各様の様々な技術が乱立している状況で、異業種が入り乱れるかたちで主導権争いが激化している。2018~19年は「どの技術がデファクトを握るか」という視点で大きな節目の時期となりそうだ。

 3次元方向にTSV(シリコン貫通ビア)技術などを使ってチップ積層していく3Dパッケージ技術に対し、2.5Dパッケージはチップを横置きにして、そのチップ間の接続はSiインターポーザーを介している。これにより、メモリーの帯域幅を飛躍的に向上させることができ、一度に大量のデータを同時に扱うことができるようになる。AIやDL分野ではチップの微細化だけでなく、パッケージ技術を含めた総合的なシステム性能の向上が求められており、先端パッケージ技術の導入意欲は非常に高い。

(以下、本紙2018年3月1日号1面)



◇ ポルシェ、EV関連投資を加速、60億ユーロ超に倍増
◇ 自動運転消費者ニーズ、4割以上が自動運転に関心、
  日本と欧米で利用シーンに差、矢野経済研究所調べ
◇ JARI、テストサービス開始、自動運転の実証実験向け
◇ 福岡県、タイが領事館設置へ、半導体など連携強化
◇ パナソニック、有機薄膜イメージセンサー、8Kと撮影特性両立
◇ シブタニとローム、トイレをIoT化、無線搭載の施錠金物
◇ 米国半導体メーカー主要5社動向 10~12月期、全社が増収を達成、
  クアルコムは大幅減益
◇ STマイクロ 18年設備投資、最大11億ドルを計画、伊工場で300mm試作ライン
◇ Arm、機械学習用IP開発、第1弾はモバイル向け
◇ TTMテクノロジーズ、車・スマホ用基板が牽引、17年通期売上高は過去最高
◇ KCEエレクトロニクス、日本市場を重点開拓、重要保安部品向け拡大
◇ アオイ電子 4~12月期、営業利益5%増 受託生産が堅調
◇ NISSHA ディバイス事業、売上高3倍の大幅増収、9カ月決算でも過去最高
◇ サムスン電子 DP事業、10~12月は5割増収、液晶低迷で利益は微増
◇ マイクロニック、フォトマスク描画装置、17年は10%の増収に
◇ MIT、短期でPV材料評価、統計学的手法を応用
◇ 16年のPV市場分析、世界の導入量5割増、PVメーカーは生産拡大、IEAまとめ
◇ 大阪大学産業科学研究所、有機太陽電池で成果、非結晶材料で高性能化
◇ 国内FA関連企業6社 4~12月期、合計で売上高20%増、投資増で需要が拡大
◇ ディスコ、1~3月は8%減収、部材不足で一部期ずれ
◇ オムロン 4~12月期、制御機器好調で増収、40%増益で過去最高
◇ 航空機メーカー2社 10~12月期、エアバス受注好調、年間納入数は過去最高
◇ エイベックス・ベンチャーズ、ロボVBに出資、エンタメなどに応用
◇ 日本アジアグループ、ファンドに出資 ドローン事業強化
◇ エイアイビューライフ、生活支援ロボをATRと開発へ
◇ マブチモーター 18年12月期、過去最高の250億円投資、ポーランド新工場などに
◇ 国内電子部品メーカー業績 10~12月期、需要堅調で好調持続、
  スマホ不振の影響は限定的
◇ スミダコーポレーション 18年12月期、設備投資100億円へ、海外で車載関連を増強
サイト内検索