電子デバイス産業新聞(半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
シェア
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
水素エネルギー企業 ハンドブック
第4のエネルギー、水素エネルギーの最新動向を網羅
○これ1冊で水素エネルギー業界を俯瞰
○水素ステーション用設備企業の製品戦略を網羅
○有力FCVメーカーの事業戦略を徹底解説
○水素インフラ企業の取り組みを徹底取材
○主要燃料電池企業の事業戦略を詳細に紹介
体裁・頁数:B5判、96頁
発刊日:2016年5月16日
ISBN:978-4-88353-244-5 C3055 \10000E
定価 10,000円 + 税
詳細

■発刊趣旨とご購入のご案内

 2015年12月に開催されたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)では、「産業革命前からの気温上昇を2℃未満にすることを目的とし1.5℃に抑える努力をする」ことが確認され、「パリ協定」として締結されるなど、地球温暖化への対応は世界共通の課題となりました。そうした中、水素エネルギーに対する期待はこれまで以上に大きくなっております。

 14年12月、トヨタ自動車㈱が世界初となる燃料電池車(FCV)の一般販売を開始しました。FCVに水素燃料を供給する水素ステーションの建設も着々と進んでいます。そしてエネファーム、FCVに続いて水素発電についても導入が期待されています。製油所、製鉄所などでは以前から導入されていますが、今後は自家発電用、発電事業用でも本格化する見込みです。我が国は中国、北米に次いで世界3位の電力消費国でありながら、エネルギー自給率は5%程度にとどまります。水素エネルギーの利活用は我が国のエネルギー安定確保にもつながると期待されています。

 本書は、次世代エネルギーとして有望視される水素エネルギーをマクロ的な視点から俯瞰しつつ、個別メーカーなどのミクロ的な情報を一冊にまとめたものです。カギとなる水素インフラをはじめ、FCV、水素設備、水素発電、燃料電池を展開する企業の動向を詳述しております。取材・執筆・編集にあたっては弊社発行の週刊誌『環境エネルギー産業情報』のスタッフが携わっております。

■内容構成

「水素エネルギー企業 ハンドブック」
第4のエネルギー、水素エネルギーの最新動向を網羅
 
◆第1章 水素エネルギーを取り巻く社会
 
◆第2章 水素インフラ企業の事業戦略
■水素インフラ企業の動向
岩谷産業㈱
大阪ガス㈱
川崎重工業㈱
JXエネルギー㈱
高砂熱学工業㈱
千代田化工建設㈱
東京ガス㈱
㈱東芝
豊田通商㈱
合同会社 日本移動式水素ステーションサービス
三菱化工機㈱
エアープロダクツ・アンド・ケミカルズ
 
◆第3章 水素設備企業の事業戦略
■水素設備企業の動向
岩谷産業㈱
㈱エコステージ
大阪ガスエンジニアリング㈱
㈱加地テック
㈱キッツ
サムテック㈱
新コスモス電機㈱
新日鐵住金㈱
高石工業㈱
㈱日本製鋼所
日立オートモティブシステムズメジャメント㈱
㈱フジキン
本田技研工業㈱
三菱化工機㈱
ヤマト産業㈱
理研計器㈱
 
◆第4章 水素発電企業の事業戦略
■水素発電企業の動向
川崎重工業㈱
三菱重工業㈱
三菱日立パワーシステムズ㈱
 
◆第5章 FCV企業の事業戦略
■FCV企業の動向
トヨタ自動車㈱
日産自動車㈱
本田技研工業㈱
ゼネラルモーターズ
 
◆第6章 燃料電池企業の事業戦略
■燃料電池企業の動向
アクアフェアリー㈱
京セラ㈱
西部ガス㈱
東京ガス㈱
東芝燃料電池システム㈱
東邦ガス㈱
パナソニック㈱
インテリジェント・エナジー
電子デバイス産業新聞
国内唯一の電子デバイス専門紙。半導体、電子部品、電子ディスプレー、プリント配線板、太陽電池、各種製造装置や電子材料などもカバー
商業施設新聞
小売・外食・サービス企業の出店計画、SC・商業ビルの新増設計画そして街づくりの最新ニュースを報道
環境エネルギー産業情報
世界的に進むグリーンニューディール革命をビジネスレベルで捉える週刊情報誌
工場計画情報
製造業の設備投資の専門紙、全国の工場の新設・増設計画を報道
医療産業情報
日本全国の病院および社会福祉施設整備の情報の専門紙