徳島ビジネスフォーラムin東京

いざ!徳島から未来社会をデザイン

開催概要

Overview of the event

開催日 令和4(2022)年10月31日(月)
15:00~18:00(受付開始14:00)
会場 The Okura Tokyo(東京都港区虎ノ門2-10-4)2階
※オンラインでも参加可能(zoomウェビナー)
参加費 無料(事前申込制)
※申し込み多数の場合は抽選制といたします。
主催 徳島県
後援 一般財団法人日本立地センター、四国経済産業局、
公益財団法人とくしま産業振興機構
申込締切 10月19日(水)
 徳島県は、「新次元の分散型国土の創出」という目標のもと、地方移転に意欲的な企業の誘致を目指しています。近年は、サテライトオフィスの誘致件数が全国トップクラスとなるなど、目覚ましい成果をあげていますが、製造業の誘致にも力を入れており、地域貢献や社会課題解決に取り組む新しい形のものづくり企業が数多く立地しています。

◇こちらもご覧ください◇
【徳島県の魅力を動画でご紹介!】

本フォーラムでは、立地企業による徳島県の魅力をはじめ、全国トップクラスを誇る優遇制度や充実したインフラなど、徳島県の優れた立地環境をご紹介いたします。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

多数のお申込みありがとうございました。

プログラム

Program

15:00~15:10

開会の挨拶


15:10~15:40

知事によるトップセールス

徳島県知事 飯泉 嘉門

1984年東京大学法学部卒業。同年4月に自治省に入省。1993年山梨県、1995年埼玉県で財政課長を務め、郵政省通信政策局地域情報化プロジェクト推進室長、総務省自治税務局企画課税務企画官を歴任、2001年より、徳島県で商工労働部長・県民環境部長を務める。2003年5月に徳島県知事に就任、現在に至る。第13代全国知事会会長。


15:40~16:00

徳島に企業立地するメリット

株式会社シケン 代表取締役社長
株式会社クエスト 代表取締役社長 島 隆寛 氏

1975年10月徳島県小松島市生まれ。47歳。早稲田大学法学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。2001年に株式会社シケンへ入社し、2003年には同社代表取締役社長及び株式会社クエストの代表取締役社長に就任し、現在に至る。
このほか、2019年からは徳島県中小企業家同友会の代表理事を、2020年からは徳島県教育委員会教育委員を、さらに2022年からは一般社団法人日本歯科技工所協会経営理事を務める。


休  憩(10分)

16:10~16:30

徳島ではじめる新たなモノづくり
―山神果樹薬草園

松山油脂株式会社 代表取締役社長 松山 剛己 氏

1964年東京都生まれ。1986年慶應義塾大学経済学部卒業。株式会社博報堂、三菱商事株式会社を経て、1994年家業である松山油脂合名会社(当時)に入社。2000年同社代表取締役社長に就任。同年12月株式会社マークスアンドウェブを設立する。2022年8月現在、全国84の直営店を定期的に訪れ、お客様と現場スタッフの声を生かした商品開発に取り組む。


16:30~16:50

徳島を起点とした地球温暖化防止の取組み
“東亞合成水素ステーション徳島”始動

東亞合成株式会社 執行役員 経営企画部長 佐々木 豊 氏

1964年生まれ。明治大学政治経済学部卒業後、1987年東亞合成化学工業株式会社(現 東亞合成株式会社)入社。工場や本社で経理業務に携わった後、米国子会社に駐在し管理業務を担当。帰国後はIR広報や経営企画部門等を担当し、財務部長を経て2022年に執行役員経営企画部長に就任。現在に至る。


休  憩(10分)

17:00

企業交流レセプション


18:00

閉会


問い合わせ先

徳島ビジネスフォーラムin東京事務局
(株)産業タイムズ社
東京都千代田区岩本町1-10-5 TMMビル3階
TEL:03-5835-5895
FAX:03-5835-5497
Email:tokushima@sangyo-times.co.jp
Top