電子デバイス産業新聞(半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
現地発!最新報告
中国『エレクトロニクス特需2013』
―― 習近平・新体制で成長路線に回帰する中国のエレクトロニクス製造と市場の最新動向! ――

  開催日
2013年4月10日(水)開催 15:40~17:00(受付15:10)
  会場
東京・御茶ノ水 連合会館
  参加費
12,600円(テキスト付・消費税込)

多数のご参加ありがとうございました。


 2013年の中国経済は、ブレーキからアクセルシフトで8%成長へ回帰します。昨年の中国経済の停滞報道とはとってかわり、習近平・新体制に世界の期待がまた集中しています。3月の全国人民代表大会の前後から上海では不動産価格が上昇し、全国各地に地下鉄建設が広がり、中国は力強い成長路線に復帰しています。
 13年は低価格チャイナ・プライスのタブレットやスマホが爆破的な普及を始め、14年の携帯電話の4G(LTE)通信サービス、15年の地デジ化など、中国のエレクトロニクス業界は新市場が開けます。
 日中関係は領土問題や反日デモなど視界不良が続き、日本企業は中国ビジネスのリスク対策で踏見込んだブレーキからアクセルに足を戻すタイミングを計っています。
 このセミナーでは、日本からは見えにくいグレー・チャイナの変化のシグナルを先取りし、現地取材10年の現場記者の眼でリアルな中国の最新情報をお届けします。是非、今後の事業戦略を構築するための情報としてお役立て下さい。
【セット割引特典】
同日開催「中国『デバイスはどうなる2013』」セミナーとセットでお申込み頂いた場合は特価19,950円(税込み)で両セミナー受講いただけます。 詳しくはこちらから


■ プログラム
15:40~17:00(80分)
セット機器・EMS、交通・環境インフラ、中国経済・政策転換はどうなる?
  (スマホ・タブ)  チャイナ・プライスで伸びる中国メーカー(ファーウェイ、ZTE、Lenovo、OPPOなど)
  (テレビ)  インチ400円台の32型、Foxconn参入で聖域でなくなる60型、中国版4K2Kテレビ
  (白物家電)  日本にキャッチアップするハイアール、格力、美的、TCLなど大手中国メーカー
  (交通・インフラ)  全国の高速鉄道・地下鉄・充電ステーションMAP
  (内陸シフト)  主要都市の人件費上昇、製造工場の内陸移転、大陸横断する鉄道貨物の物流網
  (ハイテク産業転換)  習近平・新指導体制で中国のハイテク製造の政策転換はどうなるか?
講師:半導体産業新聞 上海支局長 黒政典善
*講演タイトルは、都合により変更することがあります。あらかじめご了承ください。
■ セミナー概要
  日時
2013年4月10日(水)開催 15:40~17:00(受付15:10)
  参加費
12,600円/1名(テキスト付・消費税込)
  会場
東京・御茶ノ水 連合会館
  主催
半導体産業新聞 J49p2
■問い合わせ先
○ 産業タイムズ社 事業開発部
    FAX:03-5835-5494 TEL:03-5835-5894
    Email:pd@sangyo-times.co.jp