電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
2017/7/6(2252号)主なヘッドライン
中国、半導体大国へ前進
300mm工場投資20件が進行、武漢・合肥のPJも具体化

 中国政府が先端半導体の国産化計画を発表してから、ちょうど3年が経過した。3D-NANDやDRAMを製造する巨大メモリー工場の計画がついに具体化し、製造装置メーカーに工場の立ち上げスケジュールを提示した。これらの案件を含め、中国では300mm工場の投資計画が20案件も進行している。

 中国政府は2014年6月、半導体産業の中長期発展計画「国家集成電路産業発展推進綱要」を発表し、15年に半導体産業専門の国家IC産業ファンドを設立した。半導体業界に巨額資金を投入するスキームが作られ、中国各地で半導体工場の建設計画が勃発した。先端製造技術に乏しい中国企業は当初、米マイクロンや東芝など海外大手メモリー企業の買収を画策したが、日米政府の反対で交渉は頓挫。巨大メモリー工場プロジェクトは将来の生産能力目標こそ示したが、計画を具体化できないでいた。
 17年5月に入り、これらの投資計画がついに進展した。3D-NAND製造のYMTC(長江ストレージ、存儲科技、湖北省武漢市)やDRAM製造のチャンシンIC(長シン集成電路、安徽省合肥市)が製造装置メーカーと具体的な選定交渉を始めたのだ。

(以下、本紙2017年7月6日号1面)



◇ トヨタ自動車、先進安全に積極投資、5カ年で3500万ドル
◇ 中国、自動運転の規格法制化へ、25年に完全自動運転車を実用化、
  「百度」がシステム構築を牽引
◇ 奇瑞汽車、EV生産能力を増強、合肥新工場が稼働開始
◇ ソニー、ToFセンサー開発、裏面照射型技術を融合
◇ VR/ARヘッドセット出荷予測、21年に約1億台規模、年平均58%で成長、IDC調べ
◇ クリーク・アンド・リバー、VR-HMD 新製品を発売
◇ オン・セミコンダクター、国内売上比率10%に、20年めどに達成目指す
◇ ファイソン、産業用SSDを拡販、代理店との協力強化
◇ ボッシュ、ドイツに工場新設、MEMSセンサー増強
◇ 大陽工業、車載用銅インレイ量産へ、貫通多層板も受注好調
◇ AT&S、重慶稼働で売上高拡大、MSAP基板が今夏立ち上げ
◇ ハイソル、故障解析すべてに対応、商社・メーカーで日本初
◇ キューラックスとNanoco、共同開発契約を締結、QLED実現へ協業
◇ 偉同科技、年内に車載参入へ、組立能力の増強も検討
◇ イノラックス、7~9月から量産、ネクスト社の指紋センサー
◇ AIST太陽光、生成率3倍に向上、人工光合成で次亜塩素酸
◇ 東工大、新規光触媒を開発、CO2選択率は世界最高
◇ 京セラ、業務用のSOFC 7月から受注開始
◇ MUJIN、年内に標準RC投入、ロボット開発が容易に
◇ セブン・ドリーマーズ、25億円を調達、販売・開発を強化
◇ ラックスロボ、4億円の出資獲得、組立型ロボ事業を強化
◇ ソフトウエア オートメーション、450万ドルの出資獲得、縫製ロボ事業を加速
◇ リンク、SiCウエハー加工、ニューフレアと協力、工程間のリンクを支援
◇ 丸石産業、新規分野開拓に注力、精密研磨事業の領域拡大
◇ グローバルネット、CMP受託加工展開、3Dデバイス分野が活況
◇ 大泉製作所、19年度まで4%成長、エレメント部品を拡大
◇ 芝浦電子、16年度は大幅増益、空調用センサー好調
◇ 双信電機 17年度、設備投資4億円強、生産の合理化に注力
サイト内検索