電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
シェア
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/5/21(2143号)主なヘッドライン
スマホ用カメラ部材、「デュアルカメラ化」へ大増産
アップル、16年機種に採用へ、ソニー、過去最高の投資額

 CMOSセンサーやアクチュエーターをはじめとするスマートフォン(スマホ)用カメラ部材各社が、メーン(リア)カメラを2個搭載する「デュアルカメラ化」による需要増に対応すべく、大増産を図っている。米アップルのiPhone次々機種(2016年モデル)に搭載される見方が強まっているほか、競合他社もこうした動きに追従する可能性が高く、スマホ用カメラ部材の需要予測は今後大きく変わる可能性が出てきた。

 デュアルカメラは、すでに一部機種で採用されており、台湾HTC社が14年に発売した「HTC One(M8)」、中国ファーウェイが14年末に発表した「Honor 6 Plus」などがその筆頭だ。カメラを2個搭載することで、露出や絞りなど一眼レフカメラ並みの性能を実現することができるという。
 1台にメーンカメラを2個搭載することで部品需要の高まりが期待されていたが、限定的な採用にとどまっていたために、そのインパクトはこれまで軽微であった。しかし、今後は年間2億台以上を出荷するiPhoneで採用される可能性が非常に強まっており、意味合いはまったく変わってくることになる。
 アップルは2年に1回、iPhoneの大幅なアップデートを行っており、今年15年はマイナーチェンジの年にあたる。そのため、アップルはこれを16年モデル(iPhone7)の目玉機能の1つとして採用する見通しだ。

(以下、本紙2015年5月21日号1面)




◇ シャープ、社内カンパニー導入、液晶・電子デバイス対象に
◇ スバル 14年度、3期連続で過去最高、米国の生産能力を約2倍に
◇ 東海理化、メキシコに新工場、スイッチなどの車載部品
◇ エクセディ、伊賀に新棟建設 トルコンを増産
◇ ルネサス 14年度、初の通期最終黒字、円安と構造改革で
◇ ソニー 15年度、半導体売上7500億円に、イメージセンサー好調持続
◇ シャープ、タブレット学習システム、100自治体に販売へ
◇ レックスビュー、気圧センサーを開発、SMICの200mmで生産
◇ サイプレス、指紋認証市場に参入、小型リーダーICを開発
◇ イビデン 15年度、PWBの損益改善へ、マレーシア新棟で本格受注
◇ 太陽ホールディングス 14年度、過去最高の業績達成、PKG基板用SRが拡大
◇ スピード、WLCSPを量産へ、スマホ用アンテナで業績拡大
◇ シャープ 14年度液晶事業、営業利益は98%減、中小型落ち込みと評価損で
◇ TPK、海外で3.8億ドル調達、アップル向けの増強に
◇ 人工光合成研究組合、水素製造で最高効率、オレフィン合成に応用
◇ トリナ・ソーラー、日本向け出荷拡大、15年度は800MW計画
◇ サンパワー 1~3月期、大幅な減収で赤字に、発電所向けが低迷
◇ 京セラ、PV事業の転換模索、海外展開も視野に
◇ 東京エレクトロン 14年度、SPE事業は20%増、エッチ・洗浄でシェア上昇
◇ 日立国際電気 15年度、装置事業は減収減益、下期不透明で慎重姿勢
◇ ラムリサーチ 1~3月期、四半期で過去最高、メモリー向け6割超に
◇ 大塚メディカルデバイス、医療ベンチャーと泌尿器分野に参入
◇ TDK、3カ年で4000億円投資、電池とフィルターに重点
◇ 村田製作所 15年度、営業利益2500億円に、2期連続で過去最高
◇ LGイノテック 1~3月期、営業利益9%増加、高性能モジュールが寄与
サイト内キーワード検索