電子デバイス産業新聞(半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
シェア
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
ビギナーのためのアナログ半導体セミナー
新市場(IoT、センサ―ネット、医療、車載)向けアナログ半導体、電子デバイス技術動向を解説

  開催日
2017年2月16日(木)開催 10:00~17:20
2017年2月17日(金)開催 10:00~17:00
  会場
東京・富士ソフトアキバプラザ7F EXルーム1
  参加費
1日目コース  30,000円+税/1名
2日目コース   30,000円+税/1名
両日受講コース 45,000円+税/1名(特別価格)
※(全コースともテキスト、食事・飲物付)
  申込締切
2017年2月15日(水)
 半導体市場の主役は、これまでのメモリー、MPUからアナログ、センサーそして光半導体に移行しつつあります。メモリー、ロジック系の半導体に比べ、アナログ半導体は高い成長率を保っており、メーカーも高い利益率を維持しています。また、6、8インチラインを有効活用するアナログ特化のファンドリービジネスも登場し、盛り上がりを見せています。
 アナログ半導体には、プロセス開発に依存するメモリー、ソリューション対応が要求されるロジック系LSIに比べ、IC回路設計やフロントエンドの技術力強化、Web上での設計サービス等が求められています。特に、超小型・軽量・薄型化が要求されるIoT端末機器においては、低消費電力化や信号遅延、ノイズ対策、超小型アンテナなど従来のアナログ技術に加え、機器内熱密度の増加による放熱対策、EMC対策など、新たなアナログ技術も必要となっています。また、従来バイポーラプロセスが利用されていたアナログ信号処理も、微細化によるCMOSの高速化や各種補正技術、時間離散型信号処理技術といったデジタル技術の適用、システム技術に整合したRFCMOSによる新回路の開発などにより、大学を中心とするアカデミックな動きが生まれています。
 本セミナーは、アナログICのプロセス開発動向とともにIoT、センサ―ネットワーク、車載分野への応用、さらには新たなアナログ技術の動きについての基礎知識をわかりやすく解説します。


■ プログラム
2月16日(木)開催:「1日目コース」10:00~17:20
10:00~11:30
 アナログIC/LSIのIoT、産業・民生応用動向
TMソリューションズ㈱ 代表取締役 宮脇 徹
11:30~12:20 ランチ+名刺交換 
12:20~13:50
 RFCMOS(高周波CMOS) 技術動向
岡山県立大学 情報工学部 情報通信工学科 学科長 伊藤 信之
 13:50~14:00 休憩
14:00~15:00
 IoT時代に即した小型アンテナ技術
小暮技術士事務所 所長 小暮 裕明
15:00~16:00
 電池がいらないウエアラブルへの挑戦  
エスアイアイ・セミコンダクタ㈱ ソリューション推進本部 企画部 主査 武内 勇介
 16:00~16:20 休憩(コーヒ―ブレーク)
16:20~17:20
 拡大するIoT・ワイヤレスセンサシステム
アーズ㈱ CTO 技術統括 取締役 漆原 育子
※講演タイトル、講演者は都合により変更することがありますので、ご了承ください。
文系出身者コース申込み
2月17日(金)開催:「2日目コース」10:00~17:00
10:00~11:00
 アナログ技術よもやま話 、如何にアナログ技術を育てるか?
㈱e-skett 代表取締役/横浜国立大学 非常勤講師 小川 敦
11:00~12:00
 Mixed Signal LSI プロセス技術動向
㈱東芝ストレージ&デバイスソリューション社
ミックスドシグナルIC事業部
ミックスドシグナルICデバイス開発技術部
部長 木村 幸治
12:00~13:00 ランチ+名刺交換 
13:00~14:30
 Mixed Signal LSI 技術による車載用アナログIC開発状況
㈱東芝 ストレージ&デバイスソリューション社 ミックスドシグナルIC事業部
車載IC応用技術部 参事 齋藤 裕行
14:30~14:50 休憩
14:50~15:50
 Energy Harvesting技術動向 ~秋田県エネルギーハーベステイング研究会の活動とEH型振動センサの開発~
あきた新エネルギー研究会事務局/秋田県立大学
地域連携・研究推進センター コーディネーター 石川 直人
15:50~17:00
 アナログ半導体市場動向
㈱産業タイムズ社 電子デバイス産業新聞 編集委員 甕 秀樹
/特別顧問 加藤 一
※講演タイトル、講演者は都合により変更することがありますので、ご了承ください。
総合基本コース申込み
両日受講コース申込み
■ セミナー概要
  開催日
2017年2月16日(木)開催 10:00~17:20
2017年2月17日(金)開催 10:00~17:00
  参加費
1日目コース   30,000円+税/1名
2日目コース   30,000円+税/1名
両日受講コース  45,000円+税/1名(特別価格)
※(全コースともテキスト、食事・飲物付き)
  申込締切
2017年2月15日(水)
  会場
東京・富士ソフトアキバプラザ7F EXルーム1
  主催
電子デバイス産業新聞 J18,19,20
■ お申込み後の流れ
  申込み確認次第、参加証・請求書をご郵送させて頂きます。
  お支払いは、請求書がお手元に届いてからのお手続きで問題ございません。
■ キャンセルについて
  開催日前日50%、当日100% のキャンセル料を申し受けます。ご了承下さい。
  ご欠席の方につきましては後日、配布資料等お送り致します。
■問い合わせ先
○ 産業タイムズ社 事業開発部
    FAX:03-5835-5494 TEL:03-5835-5894
    Email:pd@sangyo-times.co.jp