電子デバイス産業新聞(半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
シェア
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
有機ELはどうなる
― FPDメーカーの投資計画・サプライチェーンの行方・次世代技術を占う ―

  開催日
2017年3月7日(火) 10:30~17:30
  会場
東京・富士ソフトアキバプラザ7F
  参加費
32,000円+税/1名(テキスト、食事・飲物付)
  主催
電子デバイス産業新聞
 世界中のFPDメーカーが有機ELディスプレーの事業化と増産に取り組んでいます。2017年は、発売10周年を迎えるアップルのiPhoneが初めて有機ELを搭載するとみられており、本格的な普及に弾みがつくと期待されています。また、有機ELテレビの出荷増も見込まれており、年初から日本メーカーが商品化の計画を次々に明らかにするなど、プレミアム製品としての地位を確立しつつあります。
 一方で、2017年は、有機ELを量産しようとするFPDメーカーにとって「挑戦」の年でもあります。有機ELはこれまで特定のFPDメーカーが量産化を牽引してきたため、製造プロセスが標準化しているとはいえず、相次いで浮上している新工場の計画がスムーズに立ち上がるかは不透明です。高解像度化やフレキシブル化、タッチ技術のエンベデッド化に向けた技術課題も多く、これを乗り越えられるのか、試金石の1年となるでしょう。
 本セミナーでは、各方面でご活躍のアナリストや、製造プロセスの要となる製造装置・材料メーカーから講師をお招きし、活発化している有機ELへの投資動向や市場動向を俯瞰しながら、17年およびそれ以降の有機EL関連業界を占っていきます。ぜひとも今後の事業戦略の策定にご活用ください。

■ プログラム
10:30-11:50

 
 「有機ELはこうなる! 電子デバイス産業新聞が見る有機EL業界動向」
電子デバイス産業新聞 編集長 津村 明宏
同 ソウル支局長 嚴 在漢

 
11:50-12:40 ランチ+名刺交換 
12:40-14:10

 
 「有機EL市場の全貌」
ディスプレイサプライチェーンコンサルタンツ DSCC アジア代表 田村 喜男

 
14:10-15:10

 
 「有機ELの新規発光材料『TADF』の可能性
(株)Kyulux 代表取締役 安達 淳治

 
15:10-15:30 ブレイク
15:30-16:30

 
 「有機EL用電鋳メタルマスク技術」
アテネ(株) 第一事業部 営業部 技術営業担当次長 田丸 敦巳

 
16:30-17:30

 
 「有機EL蒸着装置の取り組み」
キヤノントッキ(株) 事業推進部 担当課長 松本 栄一

 
※講演タイトル、講演者は都合により変更する場合があります。予めご了承下さい。
■ セミナー概要
  開催日
2017年3月7日(火) 10:30~17:30
  会場
東京・富士ソフトアキバプラザ7F
  参加費
32,000円+税/1名(テキスト、食事・飲物付)
  主催
電子デバイス産業新聞 J21
申込み
■ お申込み後の流れ
  申込み確認次第、参加証・請求書をご郵送させて頂きます。
  お支払いは、請求書がお手元に届いてからのお手続きで問題ございません。
■ キャンセルについて
  開催日前日50%、当日100% のキャンセル料を申し受けます。ご了承下さい。
  ご欠席の方につきましては後日、配布資料等お送り致します。
■問い合わせ先
○ 産業タイムズ社 事業開発部
    FAX:03-5835-5495 TEL:03-5835-5894
    Email:pd@sangyo-times.co.jp