産業タイムズ社
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
セミナー
緊急開催オンラインセミナー
韓国半導体・FPD・電池産業の最新戦略
~コロナ禍・半導体不足・EVシフトに韓国企業はいかに立ち向かうか、
嚴(オム)ソウル支局長が徹底解説!~

  日時
2021年6月11日(金)13:00~17:00
  配信方法
Web会議ソフト「Zoom」を使用してのオンライン配信
  主催
電子デバイス産業新聞
  参加費
27,500円(税込)/1名 (資料ダウンロードあり)
  申込締切
6月10日(木)

 韓国では、半導体が全輸出規模の20%を超え、同国の大黒柱産業になっています。IMFショックやリーマンショックなどの経済危機からの復活も、半導体産業が牽引してきました。DRAMやNANDフラッシュ市場ではサムスン電子やSKハイニックスが活躍、両社併せて世界のトップを独走しています。また、ファンドリーではサムスン電子が世界トップのTSMCを猛追しています。一方、FPD分野でもサムスンディスプレイやLGディスプレイが世界トップを堅持、特に有機ELでは他の追随を許していません。さらに、2次電池ではLG化学やサムスンSDIなどが欧米の自動車メーカーから相次ぎ採用を勝ち取るなど健闘しており、中国勢とのシェア争いが激化しています。
 本セミナーは、上記の各分野で世界的大手として活躍する韓国メーカーの最新戦略と、韓国産業界の最新の動き、そして日本の半導体関連業界との関係を、電子デバイス産業新聞ソウル支局長の嚴 在漢(オム・ジェハン)が徹底解説・展望します

■ 【プログラム】
13:00~13:45

 
 コロナ禍・半導体不足・EVシフトに立ち向かう日本の電子デバイス企業と日韓バリューチェーンの行方

 
電子デバイス産業新聞 編集委員(事業開発部次長)甕 秀樹
 13:45~13:50 休憩
13:50~14:40

 
 韓国の半導体産業:大型投資で世界を牽引、車載半導体不足にも立ち向かう

 
電子デバイス産業新聞 ソウル支局長 嚴 在漢
 14:40~14:50 休憩
14:50~15:40

 
 韓国のFPD産業:有機ELに全力投球、液晶やマイクロLED戦略にも注目

 
電子デバイス産業新聞 ソウル支局長 嚴 在漢
 15:40~15:45 休憩
15:45~16:35

 
 韓国の電池産業:激化する中国勢との覇権争い、切り札は全固体電池

 
電子デバイス産業新聞 ソウル支局長 嚴 在漢
16:35~17:00

 
 質疑応答

 
※講演タイトルは都合により変更する場合があります。予めご了承下さい。

 
 
申込み
◆ 当日のご参加方法
  Web会議ソフト「Zoom」にてオンラインでセミナーをご視聴いただきます。(ブラウザーでもご視聴いただけますが、Zoomアプリのインストールを推奨します)セミナーへのご質問はZoomを通じてお受けいたします。(すべてのご質問にご回答はできませんのでご了承ください)詳しいご参加方法につきましては、6/9(水)(予定)にメールにてご案内させていただきます。
■ お申込み後の流れ
  申込み確認次第、参加証・請求書をご郵送させて頂きます。
  お支払いは、請求書がお手元に届いてからのお手続きで問題ございません。
■ キャンセルについて
  6/9(水)より100%のキャンセル料を申し受けます。ご視聴されない場合も、ご連絡がない場合にはキャンセル料が発生しますのでご注意ください。
■問い合わせ先
○ 産業タイムズ社 事業開発部
    TEL:03-5835-5894 FAX:03-5835-5495
    Email:pd@sangyo-times.co.jp
     新型コロナウイルス感染症対策として、現在弊社ではリモートワークを導入しております。
   ご不便をおかけいたしますが、お問い合わせにつきましては、なるべくメールでのご連絡をお願いいたします。