電子デバイス産業新聞(半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
半導体製造装置・部材 最前線 2018-2019(予約)
〜メモリー中心に高水準の半導体投資が継続、装置・部材メーカーの最新レポート〜
○サムスン、TSMCなど主要メーカーの半導体設備投資動向をチェック
○露光・エッチングなどプロセス毎に半導体製造装置市場をカバー
○東京エレクトロン、SCREENなど主要装置メーカーの業績・生産計画
  を詳述
○セラミックや石英など半導体製造装置用部材メーカーの動きも網羅
体裁・頁数:A4変形判、約120頁(定価15,000円+税)
発刊日:2018年11月5日
(予約特価は11月1日まで弊社直売に限ります)
ISBN:978-4-88353-277-3 C3055 \15000E
予約特価 13,000円 + 税
詳細

■発刊趣旨とご購入のご案内

 半導体産業は今、過去にないほどの歴史的な好景気に真っ只中にあります。DRAMやNANDフラッシュなどメモリーを中心に主要半導体メーカーの設備投資は高水準が続いており、18年の半導体設備投資金額は過去最高の約900億ドルが見込まれています。19年もメモリーの継続投資に加え、ロジック/ファンドリー分野の投資回復が見込まれていることから、引き続き良好な市場環境が続くと予想されています。
 こうした状況下、半導体製造装置メーカーも顧客の増産要請に応えるべく、積極的な増産を打ち出しており、国内主要装置メーカーのなかでも新工場建設などを通じて、生産体制の強化を図る企業が増えています。また、製造装置メーカーにパーツ・部材を納めるサプライヤーや生産・加工を受託する企業も活況を呈しております。
 本書は半導体製造装置業界を詳述するとともに、上流(部材サプライヤー)・下流(デバイスメーカー)の視点からもフォーカスを当てたものであり、半導体製造装置全体のサプライチェーンを体系的に把握することができます。
 第1章では主要半導体メーカーの設備投資計画をレポートするとともに、DRAMやNAND、ロジックといったアプリケーション別の投資動向にも焦点を当てていきます。第2章では半導体製造装置市場の見通しのほか、プロセス毎の市場性や技術トレンドに迫ります。第3章では半導体製造装置メーカー各社の業績や生産計画、さらに第4章ではこれら装置メーカーに部材やパーツを供給するサプライヤー企業の最新動向を盛り込むよう努めました。

■内容構成(予定)

◆第1章 半導体メーカーの設備投資動向
■半導体メーカーの設備投資動向
 
◆第2章 半導体製造装置市場の最新動向
■半導体製造装置市場の最新動向
 
◆第3章 半導体製造装置メーカー各社の売上・生産計画
■国内半導体製造装置メーカー 業績見通し
㈱アドバンテスト
アピックヤマダ㈱
㈱アルバック
アルファデザイン㈱
㈱荏原製作所
キヤノン㈱
キヤノンアネルバ㈱
キヤノンマシナリー㈱
光洋サーモシステム㈱
㈱KOKUSAI ELECTRIC
サムコ㈱
芝浦メカトロニクス㈱
㈱シバソク
㈱新川
シンフォニアテクノロジー㈱
㈱SCREENセミコンダクターソリューションズ
住友重機械工業㈱
㈱スパンドニクス
㈱ディスコ
東京エレクトロン㈱
㈱東京精密
東レエンジニアリング㈱
TOWA㈱
㈱ニコン
㈱ニューフレアテクノロジー
平田機工㈱
㈱日立ハイテクノロジーズ
ファスフォードテクノロジ㈱
レーザーテック㈱
ASM International
ASM Pacific technology
ASML
Applied Materials
Besi
EV Group
KLA Tencor
Kulick & Soffa
Lam Research
Rudolph Technologies
Teradyne
 
◆第4章 半導体製造装置用部材・パーツメーカー各社の売上・生産計画
■半導体製造装置用部材・パーツメーカーの新工場・能力増強計画
アロン電機㈱
ギガフォトン㈱
CKD㈱
TOTO㈱
日本特殊陶業㈱
㈱フェローテックホールディングス
㈱フジキン
㈱藤田ワークス
㈱堀場エステック
㈱マルマエ
ワッティー㈱
 
◆第5章 半導体工場分布図・ディレクトリー
電子デバイス産業新聞
国内唯一の電子デバイス専門紙。半導体、電子部品、電子ディスプレー、プリント配線板、太陽電池、各種製造装置や電子材料などもカバー
商業施設新聞
小売・外食・サービス企業の出店計画、SC・商業ビルの新増設計画そして街づくりの最新ニュースを報道
工場計画情報
製造業の設備投資の専門紙、全国の工場の新設・増設計画を報道
医療産業情報
日本全国の病院および社会福祉施設整備の情報の専門紙