電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
第414回

(株)日立コリア 代表取締役社長 大谷徹氏


韓国日立グループ12社を代表
パワー半導体が競争優位へ

2021/2/26

(株)日立コリア 代表取締役社長 大谷徹氏
 2019年7月から始まった日韓の貿易摩擦は、互いのホワイト国除外などで一時、険しさを増した。だが、新型コロナ禍や経済界における自制努力などで、現状は小康状態が続いている。そうしたなか、韓国で日韓経済交流に大きく貢献する(株)日立コリア代表取締役社長の大谷徹氏に、同社の韓国でのビジネス環境と今後の取り組みなどについて伺った。

―― 日立コリアの沿革と概要について。
 大谷 1962年の日立製作所ソウル駐在所開設を皮切りに、91年に日立製作所韓国事務所を韓国支店に改編した。07年は韓国鉄道公社(KORAIL)から幹線型電車32両を受注するとともに、(株)韓国日立鉄道システムを設立。08年は、韓国南東部の大邱広域市都市鉄道3号線モノレール受注に成功し、09年には3拠点経営統合で(株)日立コリアが船出している。

―― 日立コリアの機能とは。
 大谷 日立製作所100%出資の日立コリアは、24億ウォン強の資本金で36人(日本への出向者などを含む)の従業員が働いている。日立コリア個社の活動と、LG日立や日立ハイテクコリア、ABBパワーグリッドコリアなど、韓国日立グループ12社の代表機能を担っている。

―― 日立コリアの任務について。
 大谷 日立の社会イノベーション事業に関連した鉄道システム、ヘルスケア、送変電・プラント、電力・産業用半導体などの社会インフラ関連製品の販売、国際調達などである。また、韓国日立グループ会社(従業員約1600人)の代表機能を発揮している。さらに、韓国におけるコンプライアンス責任者の機能やグループ会社向けのITサービス、人材教育や広報・宣伝機能を併せ持っている。

―― 製造法人について教えて下さい。
 大谷 大邱広域市に位置する南陽金属と亀尾(慶尚北道)に工場を持つ太平洋金属、華城(京畿道)に運営している日立ターミナルソリューションズコリアなど3カ所の製造拠点を展開している。したがって、韓国日立グループ12社は、それぞれの現地法人としての業績を計上している。

―― 各ビジネス別の特徴について。
 大谷 地域戦略部では、ロッテ資産開発社ベトナムホーチミン市スマートシティーコンサル、ロッテケミカル社には予兆診断システムなどを供給している。
 また、韓国大手企業とEPC(設計、調達、建設)各社とのビジネス拡大などを進めている。さらに、電力・プラント営業部では韓国水力・原子力や韓国西部発電、韓国南東発電等韓国電力子会社向け発電機主回路遮断器(GMCB)のメンテナンス案件を対応している。そのほか、鉄道営業部では大邱市3号線モノレール向けメンテナンスと地下鉄向け回生電力貯蔵装置を設置しており、インダストリアルプロダクツ本部ではEPC各社や石油化学メーカー向けに遠心圧縮機を供給している。

―― パワー半導体製品は競争優位だそうですね。
 大谷 自動車の電装化やコネクテッド化が急ピッチで進む現状において、車載半導体はその重要度を増している。とりわけ韓国は、メモリー半導体では世界トップを長らく堅持するものの、パワー半導体系は全量を日本など海外からの輸入に依存している。当社は、こうした韓国市場のニーズと技術的優位で好調に推移している。我々はGEヘルスケアやサムスンメディスンなど、医療用超音波アプリケーション向けに高圧IC、鉄道車両(EMU150など)向けにIGBTモジュール、自動車向にダイオード製品といったパワー半導体を提供している。

―― 19年4月に代表取締役社長に就任しましたが、韓国のビジネス環境はいかがですか。
 大谷 就任満2年になるところだが、日系企業だからといってビジネス上の不利な境遇はまだ一度も経験していない。むしろ、高品質の当社製品に対する知名度と信頼のためか、好意的に評価していただける向きが多いようだ。
 日韓の経済交流は去る60年間、政経分離に基づいた理想的な協力関係が継続してきたと思う。例えば、当社が誇るパワー半導体の場合、サムスンや現代自動車がそれを搭載し、米中や世界中に売り出すというサプライチェーンこそ、日韓の望ましい未来志向的な構図ではないかと思う。

―― 日立コリアの近未来像を聞かせて下さい。
 大谷 当社の優れた自主技術や製品を通じてお客様のニーズに応えることを意識しつつ、韓国社会・経済に長期かつ多大に貢献していきたい。そしてまた、韓国社会や産業界の期待にイノベーションで応えて、日韓経済のさらなる関係構築の架け橋役を務めたい。
◇  ◇  ◇
【大谷徹氏】1966年島根県生まれ、東海大学法学部卒。91年日立製作所入社、08年マーケティング総括本部部長代理、16年水ビジネスユニット国際営業本部部長などを経て19年から現職


(聞き手・ソウル支局長 嚴在漢)
(本紙2021年2月25日号1面 掲載)

サイト内検索