産業タイムズ社
新聞・情報紙誌のご案内出版物のご案内広告掲載のご案内セミナー/イベントのご案内
■新刊
商業施設計画総覧2018年版(予約)
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで3年に迫るなか、2017年の国内景気は緩やかながらも持ち直しの様相にあります。一時期不振を極めていたアパレルや百貨店も徐々にではありますが、回復の兆しがみられています。

…全て読む
有機デバイス 2018(予約)
有機デバイス 2018(予約)
 近年、高速化、高集積化とは異なる視点でエレクトロニクスの進化を目指す取り組みが始まっています。キーワードは「有機」です。無機にはない有機の魅力とは何でしょうか。薄い、軽い、曲がる、壊れにくいなどが有機の特徴ですが、最大…全て読む
ロボット産業 最前線 2018
ロボット産業 最前線 2018
 ロボット市場が本格的な拡大期を迎えようとしています。工場内で使用される産業用ロボットは、少子高齢化による人手不足や世界的な人件費の高騰などを受け、世界中で需要が高まっており、ロボットの性能向上とも相まって活用範囲が拡大…全て読む
半導体産業計画総覧2017-2018年度版
半導体産業計画総覧2017-2018年度版
 WSTS(世界半導体市場統計)によると、2017年の半導体市場成長率は前年比11.5%増と久方ぶりの2桁成長が見込まれ、金額では3778億ドルへと飛躍する年となりそうです。16年後半からのNANDやDRAMを中心としたメモリー市況の好転が足元も…全て読む
介護老人施設・老人ホーム計画一覧2017-2018
介護老人施設・老人ホーム計画一覧2017-2018
 日本の高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合)は、2010年9月に、超高齢社会の目安とされる21%を大きく上回る23.1%に達しました。2016年12月1日確定値では、高齢者の数は前年から67万6000人増加して27.3%(前年25.1%)となり…全て読む
半導体パッケージ ハンドブック 2017-2018
半導体パッケージ ハンドブック 2017-2018
 半導体パッケージは現在、大きなターニングポイントを迎えています。スマホで主流のPoPの技術的限界から、一部機種では2016年から基板レスのFOWLPが採用されるなど、大きな変化の中にあります。

 パッケージ・テスト工程…全て読む
プリント回路メーカー総覧2017年度版
プリント回路メーカー総覧2017年度版
 2016年のプリント配線板業界は、これまで市場を大きく牽引してきたスマートフォン(スマホ)の台数成長が鈍化傾向になるなど、業界を取り巻く環境が大きく変化しております。17年のスマホ出荷台数は引き続き1桁台前半の成長にとどまる…全て読む
ホテル・宿泊施設開発最前線
ホテル・宿泊施設開発最前線
 ホテル・宿泊施設業界ではこれまでにない建設ラッシュが起こっています。客室の新規供給は上昇の一途を辿っており、2020年までに国内全体で約5万~6万室の増加が見込まれています。国内の宿泊特化型ホテルチェーンをはじめ、カプセルホ…全て読む
電子ディスプレーメーカー計画総覧2017年度版
電子ディスプレーメーカー計画総覧2017年度版
 液晶、有機ELに代表されるFPDの2016年市場は、年央からの需要復活とそれに伴うパネル価格の上昇によって急回復を遂げ、後半は主要パネルメーカーが過去最高水準の好業績を上げるまでに上昇を続けました。4Kの普及による高解像度化、平…全て読む
■電子デバイス関連
一般電子部品メーカー ハンドブック 2017
一般電子部品メーカー ハンドブック 2017
 半導体市場は電子部品市場の2倍近い規模を持ちますが、日本陣営のシェアで見ると、半導体市場の占有率約13%に対し、電子部品は約38%を制します。電子部品業界はまさに、名実ともに、日本電子デバイス業界におけるリーディング産業に…全て読む
電子デバイス産業会社録
電子デバイス産業会社録
 当社はこれまで十数回にわたり『半導体産業会社録』を発刊してまいりましたが、半導体を含めた電子デバイスの世界が拡大していることに対応し、装いも新たに『電子デバイス産業会社録』を編纂するものであります。
 電子デバイ…全て読む
半導体工場ハンドブック2017
半導体工場ハンドブック2017
 WSTSの市場予測によると、2016年の世界半導体市場はマイナス2.4%と15年に引き続き減少すると予想されていますが、17年は2.0%、18年は2.2%の緩やかな成長が継続すると見られており、18年の市場規模は3409億ドルが見込まれています。<…全て読む
ロボット産業 最前線
ロボット産業 最前線
世界でロボットを巡る動きが激しさを増しています。米国ではIT企業がロボット事業へ参入する動きがみられ、中国では製造業の発展のロードマップを示した「中国製造2025」において、ロボットを重点分野の1つに挙げています。日本でも、少…全て読む
世界の温度の標準は日本のチノーが決めている
世界の温度の標準は日本のチノーが決めている
半導体産業計画総覧2016-2017年度版
半導体産業計画総覧2016-2017年度版
 WSTS(世界半導体市場統計)によると、2016年の半導体市場成長率は前年比2.4%減の2年連続のマイナス成長となり、金額では3272億ドルにとどまる見込みです。中国をはじめ新興国の経済成長の減速が引き続き懸念されており、国内では再び…全て読む
パワーデバイス ハンドブック
パワーデバイス ハンドブック
 パワーデバイスは省エネ社会を実現するキーデバイスとして半導体デバイスのなかでも将来有望な市場の1つとして考えられています。電装化が進む自動車分野では、生産台数の増加に加え、自動車1台あたりのECU搭載個数の上昇に伴い、パワ…全て読む
ミニマルファブ ハンドブック
ミニマルファブ ハンドブック
 「ミニマルファブ」は、0.5インチのウエハー(=1チップ)、30㎝幅という小型の装置群を用いることで、1ライン当たりの投資額をメガファブの1000分の1程度に低減できる、半導体製造の新コンセプト・生産技術。アプリケーションとして…全て読む
「ICガイドブック」最新版
「ICガイドブック」最新版
 本書籍は、1980年の創刊以来、半導体関連企業や研究機関・大学において高い評価を受けております。
 この度、大幅改訂を行い、基礎編の『よくわかる!半導体』、未来編の『未来を創る!半導体』、データ編の『半導体産業データ』の三部構成で発刊いたします。
■環境エネルギー関連
ごみ・し尿・下水処理場整備計画一覧2016-2017
ごみ・し尿・下水処理場整備計画一覧2016-2017
 ごみ処理施設、し尿処理施設および下水終末処理場は国の根幹を成す重要な社会インフラです。我が国では都道府県、市、町などを主体に整備が進められており、その導入率、技術水準は世界トップレベルと言えます。

 ごみ処…全て読む
水素エネルギー企業 ハンドブック
水素エネルギー企業 ハンドブック
 2015年12月に開催されたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)では、「産業革命前からの気温上昇を2℃未満にすることを目的とし1.5℃に抑える努力をする」ことが確認され、「パリ協定」として締結されるなど、地球温暖化への…全て読む
太陽光発電産業総覧2015
太陽光発電産業総覧2015
 世界の太陽光発電市場は、各国の導入施策に支えられ、大きな成長を遂げています。2009年に7GWだった年間導入量は、13年には5倍強の38GWまで増加しました。そして、14年には50GWの導入が見込まれており、18~19年には13年比で約2倍とな…全て読む
2次電池・電気二重層キャパシタ産業総覧2013
2次電池・電気二重層キャパシタ産業総覧2013
 スマートグリッド構想が叫ばれる中、リチウムイオン電池、ニッケル水素電池、ニッケルカドミウム電池、鉛電池に代表される2次電池の重要性はますます高まっております。携帯電話、ノートPC、電動工具、玩具などの民生機器では使われて…全て読む
エコデバイス革命2012
エコデバイス革命2012
「環境・エコ」といった時代の潮流に沿った半導体が求められています。単純に性能が良い、単純に安いといった競争原理だけではなく、今後はいかに地球に優しいかが問われるのです。
 こうした時代を支えるのが、本書で紹介するエコ…全て読む
燃料電池・水素産業総覧2011
燃料電池・水素産業総覧2011
 世界的に環境、省エネへの取り組みがなされる中、燃料電池、太陽光発電、風力発電、波力発電といった再生可能エネルギー、さらにはこれら技術と連動する蓄電池、制御技術が注目されています。燃料電池は、水素と酸素の電気化学反応の過…全て読む
■商業施設関連
商業施設計画総覧2017年版
商業施設計画総覧2017年版
 2015年に訪日外国人客が2000万人を突破し、今後も爆発的な伸びを示すかと思われた「インバウンド消費」ですが、2016年春ごろから減速が顕著となっています。また国内消費にも力強さが見られません。

 こうした状況から国…全て読む
商業施設の元気テナント アーカイブ No.82~No.160
商業施設の元気テナント アーカイブ No.82~No.160
ショッピングセンターをはじめとする商業施設を彩るテナントは、日用品からライフスタイルを提案するショップまで多岐にわたります。各社に共通するのは時代のニーズを捉え、消費者が求める商品・サービスを提供するべく、日々進化していることです…すべて読む
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり アーカイブ 第81~第160回
デベロッパーに聞く 次世代の商業・街づくり アーカイブ 第81~第160回
ショッピングセンターを中心とする商業施設は、魅力ある施設開発はもちろんのこと、オープン後の運営も重要となっています。また、物販店舗だけでなく、医療モールや行政サービスなどの…すべて読む
「駅激戦区 人×商業」
「駅激戦区 人×商業」
 日々、多くの人が行き交う駅。最近では駅ナカと呼ばれる商業施設も充実の一途をたどり、駅はそれまでの単なる通過点から、滞在する場所に変貌を遂げつつあります。また、一歩外へ出ると、駅周辺には多彩な商業施設が集積しており、とり…全て読む
外食企業計画総覧
外食企業計画総覧
 一時は30兆円市場まで拡大した外食産業ですが、景気の落ち込みに加え、業界内の競争激化などの要素も加わり、現在では市場規模が24兆円にまで縮小しています。2010年に入り、少しずつではありますが景気の回復基調が見え始めてきたもの…全て読む
グリーン店舗最前線
グリーン店舗最前線
 本書は「環境配慮型店舗づくりの全てがわかる」をコンセプトに、2010年1月29日に発刊しました。大手小売や外食チェーン、デベロッパーが進める環境配慮型店舗・SCづくりについてレポートします。また、このような施設づくりには欠かす…全て読む
全国まちづくり計画総覧2010
全国まちづくり計画総覧2010
 本書は、全国における土地区画整理事業1400地区を中心として都市再開発事業や中心市街地活性化基本計画、都市再生緊急整備地域など1800プロジェクトの現状と今後の計画をまとめたものです。当社では「商業施設新聞」をはじめ「商業施設…全て読む
■医療関連
病院計画総覧2017年版
病院計画総覧2017年版
 病院計画総覧は、病院の新築や増改築、医療機器整備など“病院に関連する設備投資”を網羅・集大成した、我が国唯一のデータブックとして、1975(昭和50)年以来、定期的に上梓して参りました。最新の2017年版では、巻頭特集「①迫る20…全て読む
介護老人施設・老人ホーム計画一覧2016-2017
介護老人施設・老人ホーム計画一覧2016-2017
 2015年の日本における高齢者の数は前年から100万人増加して26.0%(前年25.1%)となり、その内訳は65~74歳(前期高齢者)が1708万人(13.4%)、75歳以上(後期高齢者)が1592万人(12.5%)と、いずれも過去最高を更新し続けていま…全て読む
■その他
半導体産業新聞縮刷版 2008年度版
半導体産業新聞縮刷版 2008年度版
 半導体産業新聞は、わが国唯一の半導体産業専門紙として91年1月に発刊されました。すべてのエレクトロニクス機器を半導体という視点から詳細に報道、分析する媒体であり、半導体デバイス、半導体関連産業、電子部品、プリント回路、液…全て読む
パッケージング・テスティング計画総覧2009
パッケージング・テスティング計画総覧2009
 世界半導体市場統計(WSTS)の2008年秋季半導体市場予測値によれば、08年の市場が前年比2.5%増の2619億米ドルにとどまり2年連続の低成長となることが判明しております。また、09年は01年のITバブル崩壊以来のマイナス成長となる2.2%…全て読む